油断禁物!角膜感染症について

きれいな脚

目の病気には様々な種類がありますが、その中には治療中であっても少しの油断も出来ない病気も含まれています。
目の病気は場合によっては失明の危険が生じるものもあり、その一つが角膜感染症です。

角膜とは、「くろめ」と呼んでいる部分のことで、おもにコラーゲンからできている透明な組織です。
この角膜に何らかの病原菌が付着すると、本来ならば涙を出してその病原菌を一緒に排除しますが、最近ではドライアイの人が増加していることもあり、涙が十分に出ない人も多くなっています。

正常な角膜では、表面が角膜上皮で覆われているため病原菌は侵入できなくなっていますが、ドライアイなどで上皮部分に傷が付き、そこから菌が侵入してきます。

角膜感染症を引き起こす菌には、真菌や細菌、ウイルスなどがあります。
これらの治療には抗真菌薬が使用されます。
細菌性角膜炎は、コンタクトレンズの誤使用などが原因であり、強い痛みと大量の目やにが出ると共に、角膜が白く濁りしろめが充血します。
治療には抗菌薬を頻繁に点眼します。

真菌性角膜炎は、カビの一種が原因で元々眼科の持病がある人がなりやすいと言われています。
症状は細菌性と似ており、治療には抗真菌薬や内服薬を使用します。
細菌性より完治な時間がかかります。

ウイルス性角膜炎は、アカントアメーバという微生物が原因で、ソフトコンタクトレンズ使用者に多いと言われています。
症状は細菌性と同様で特効薬がないため、治療には抗真菌薬や消毒薬などが使われます。

目の病気は治療中であっても油断できず、快復したからと言って抗真菌薬を止めてしまったり、完治しても体調を崩したり、再発を繰り返す場合もあります。
特に再発を繰り返すようになると視力障害を起こしたり、失明する可能性もあります。
このように、角膜感染症では、治療中・治療後であっても症状に変化が見られたときは、すぐに病院へ受診することが必要です。